「知っておきたいローンの基礎知識」  メイン画像

ローンの返済について

「知っておきたいローンの基礎知識」
 

ローン

ローンの返済について

  • 債権者は債務者から元本(元金)、及び利息を受け取る(回収する)権利が発生しており、債務者は融資金額の元本と融資金額にかかる利息を支払う(完全返済する)義務がある。

返済の方法には、以下のような方式がある。

元金定額返済方式

  • 自身の各、返済日において、一回の元本の返済額が毎回同額の返済方式である。
    そのつど毎回同じ金額の元金に、利息を加えた金額を返済する方式。ローン残高が多い返済初期などは、当然ながら利息金額も多くなるために一回あたりの返済金額が幾分上昇する。
    また、返済が進むにつれて一回あたりの各返済金額は減少していく。
    尚、この元金定額返済方式は、各返済日における元本の支払いが常に一定であるため、債務者にとってローンの残高、および毎回の利息の支払額を手に取るように認識しやすく、最終返済がいつであるのかが単純明快で判りやすいという利点がある。しかしながら、利息の支払いについては元本残高にかかるために一定ではない為に、借入直後の返済において利息の負担がとても大きく、借り入れ直後は現預金の手許残高に特に注意する必要がある。
    これらはコーポレートローンにおいて採用されている。
元利定額返済方式
  • 自身の各返済日において、一回の返済額が毎回同額の返済方式である。
    元金定額返済方式と似て、毎回同じ金額を返済するが、ローン残高が多い返済初期などは、返済金額の内訳における利息分が幾分多くなり、元本返済分が少なくなる。
    また、返済が進むにつれて返済金額の内訳における元本返済分の割合がどんどん増加するため、返済初期にはなかなか思うように元金が減らず、返済後期には加速度的に現金が減少していくとされている。
    この返済方式とは、各返済日におけるキャッシュフローが常に一定であるため、債務者が認識する返済金額が判りやすいという利点がある。一方、ローンの返済期間の初めのうちは返済額のうち利息の支払のみに充当される割合が大半であり、ローン残高が減りにくいという特徴がある。また、債務者にとって元金と利息をいくら返済しているのかがあまり判りづらいため、元金残高がいくらであるのかも判りづらいという欠点がある。
    一般的には住宅ローンなどで採用されている。
元本一括返済方式
この方式は元本の返済を借入期間の満期日にすべて一括して支払う方式である。
通常、利息の支払いは一定期間毎に行われ、コーポレートローンなどにおいて採用されている。

残高スライド方式

これは元利定額返済方式と同じくして、一回の返済額が毎回同額の返済方式ではあるが、元本の残高によって一回一回の返済額が変動する方式である。
これは、リボルビング契約など追加貸付がとても頻繁に行われ元本残高が変動する場合において、元利定額返済方式では一回の返済額の計算が煩雑になるため、元本残高の範囲によっては一回の返済額をあらかじめ決めておく方式である。
尚、これらは消費者金融など、追加貸付が頻繁に行われるローンにおいてよく採用されている。

pickup

今抱えているあなたのお悩みがアスタキサンチンで解決するかも…。

アスタキサンチン

年間6000本もの腕時計を修理しオー ナー様の元へお届けしています

腕時計 修理

ファッションに敏感なオシャレキッズのための通販サイトです。

f.o.kids

中古品・ジャンク品も買取OK!

iPhone 買取

ミリタリーアイテムが盛りだくさん!

ミリタリー

2016/8/25 更新

 

Copyright(C) 知っておきたいローンの基礎知識. all right Reserved